ホームページ制作を行うにあたってサーバーはいつ用意すべきか

制作途中にファイルをサーバーにアップロードする

ホームページとサーバーには密接な関係があります。というのは、ホームページに必要なファイルをサーバーにアップロードしない限り、不特定多数の人にホームページを見てもらうことはできないからです。では、ホームページ制作時に、既にサーバーを用意しておく必要はあるのでしょうか。
これは、できれば用意しておいた方がいいです。サーバーは設定によって挙動が違ってくるので、できれば、実際に使う予定のサーバーにホームページのファイルをアップロードして、きちんと閲覧できるかどうか、システムは正常に動くのかといったことを確認するといいでしょう。未完成のホームページを第三者に見られたくないという場合は、閲覧するのにパスワードの入力が必要という風にしておけば大丈夫です。

パソコン内の仮想環境でサーバーを動かす方法もある

ただ、誰かに頼まれてホームページ制作を行っていて、サーバーは依頼者が用意するために、どのようなサーバーでホームページを運営するつもりなのかわからないというケースもあるでしょう。
そういう場合は、パソコン内でサーバーを動かせるソフトを使うと便利です。パソコン全体をサーバーにするわけではなく、仮想環境でサーバーを動かすため、今、使っているパソコンの環境は当然そのまま維持できますし、サーバーが不要になったら簡単に削除することができます。
仮想環境で動かすサーバーは外部に公開する、つまり、インターネットを通じてアクセスできるようにすることも可能ですが、セキュリティを考慮して、公開は避けておいた方がいいでしょう。